デザイナーの視点から見たモノコトヒト DannCreate HP

Design Netlog

マスコミは信じられるか

マスコミについて ライフ

マスコミの報道はまともに信用して良いのか?

更新日:

ワイドショーを見ていて気がついたこと

年末になりコロナ感染がまた広がり、
どうにもこうにもストレスが溜まっています。

ただ第3波の感染拡大は、
一般の私たちにはだいぶ冷めています。

実際に感染して重症化している方や
ご家族にには申し訳ないが、

私は今の状況をこう思っている。

あきらかに騒ぎ過ぎである。

その一端を担っているのが、テレビ番組のあのワイドショーです。
世論に影響力を持つマスコミ。

ワイドショーを見ていて こいつら! と毒付きたくなる。

おかしいことは誰もが分かっている??

テレビ番組には報道番組と情報番組があり
ワイドショーは情報番組に入る。

テレビは見る人の感情に訴えるメディアで、テレビマンは視聴者のニーズを事細かに分析して、視聴者を釘付けにする番組作りを日夜研究していると説明。それゆえテレビマンは、喜怒哀楽のない映像や宣伝の匂いのする映像を放送することを嫌うと述べました。

上記によると放送内容はいかに見る人の感情に訴えられるかということに重点をおく。
したがって私たちが、楽しい、うれしい、悲しい、怖いをより感じられて、
長く番組を見ていられる時間を確保するのが情報番組だ。

したがって、多少オーバーでも物事を伝える時には
自分たちの、想定する方向に尾鰭を伸ばして
番組をその方向に持っていく。

典型的な放送パターンはこれだ

  1. 東京都のコロナ感染者が記録を出す。
  2. テレビキャスターが深刻な表情でそれを伝える。
  3. 渋谷の街がテレビに写り
    歩いている人にインタビューをする。
  4. 次にスタジオに画面が変わり
    スタジオにいる【専門家】が感染拡大に対する専門的な意見を述べる。
  5. 次にスタジオにいるコメンテータ(ど素人)が自分の意見を言う。
  6. 最後に誰かに感染拡大の責任をなすりつけようとする。
  7. 面白いのは誰とは言わないで、テレビを見ている人に判断させる。

このパターンで毎日毎日やられると、
ボーッとテレビを見ていると、洗脳される。

中には重症者もいるし、軽症者、もしくは無症状者もいる。
そしてこうして毎日毎日感染者が増えていくような報道をしているけれど、
退院もしくは治る人も少なくとも

感染者−完治者=〇〇人 が実際に問題になる人数でしょう。

毎日毎日 感染拡大、どんどん拡大! ますます拡大!
知らない間に頭の中には、とんでもないことになっていく!
恐怖が蓄積していきます。

でも実際には退院して、完治している人も大勢いる。

私の父は病院に入院しているときに、院内感染をして
肺炎で死亡した。

今でも憶えているが、死亡診断書には
窒息死
と書いてあった。

死亡する2週間前から人工呼吸器を
つけれられたままだった。

当時はよくわからないで 父の死を受け止めたが
インフルエンザが流行している1月の最中だった。

幸い今年は インフルエンザの罹患者が例年に比べて
少ない。

マスク手洗いを徹底しているので、インフルエンザが
収まっていると、マスコミは伝えている。

一部の学者がインターネット上で<インフルエンザと新型コロナは
「ウイルス干渉」の可能性を指摘している。

あるウイルスが体内の細胞に感染すると、ほかのウイルスには感染しにくくなる状態を指す。

10月ぐらいに感染が増え始めたころ、
インフルエンザとコロナのダブル感染が起こり
とんでもないことになると、声高に叫んでした
ワイドショーの専門家やコメンテーターがいた。

干渉の可能性は否定できないが、干渉の仕組みが現時点では
説明がつかないとのことで、ウイルス干渉節は

現在認められないようですが、これってあきらかに
ウイルス干渉でしょう!

これもダブル感染として騒いできた手前、
テレビではあきらかにされない事実ですね。

-マスコミについて, ライフ

Copyright© Design Netlog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.